HTMLとは何か

スポンサード リンク
 
HTMLとは何か

ハイパーテキストマークアップランゲージの略で、簡単にいうとWEBサイトを構築するための
プログラミング言語です。
この言語ではソースコードは「<body>コンテンツの内容</body>」のようにタグと言われる
コードでコンテンツを囲みます。
タグによって、文字を太字にしたり、他のページへ移動できるリンクを作ったりと様々な
ことができるようになっているのです。

WEBページは基本的にこの言語の形式にのっとって記載されています。

拡張子

拡張子とはファイル名の後ろにつくそのファイルがどういう形式かを表す文字のことです。
HTMLではこれが「ファイル名.htm」もしくは「ファイル名.html」となります
この拡張子はwindowsの設定によっては見えないようになっていることもあります。

拡張子を指定する意味

拡張子を指定しておくことの意味はぱっとみてそのファイルがどういうファイルであるかわかりやすい
というのもありますが、アイコン、またはショートカットをダブルクリックしたときそのファイルをどの
ソフトで開くか、という設定が拡張子ごとに行えるという利点があります。
例えば「.txt」という拡張子ならそのファイルはテキストファイルですので、デフォルト(初期設定)では
メモ帳で開きます。
「.html」ならHTMLで書かれたWEBファイルなので、IEなどのブラウザで開きます。