htmlのタグ一覧

 
title 「head」タグ内に記載します。
titleタグ内に記載した文字は検索エンジン、ブラウザで開いた時に表示される
タイトルとなります。
div 行間を開けずに改行します。
同じページ内でカテゴリごとにdivタグで区切るなどします。
span spanタグ自体は改行もなにもしません。
一つの文章内で特定の文字だけ「css」を適用したい場合に利用します。
table 表を作りたいときや上下でマージン(開始地点)をあわせたい時に利用します。
「tr」「th」「td」が入れ子として利用できます。
「tr」は改行、「th」「td」は同じ列としてカウントされ、「rowspan」は行の結合
「colspan」は列の結合を指定できます。
br 改行をするために単体で利用するHTMLタグです。
p 文章を記載する際によく利用されます。
pタグで記載された文章は自動改行され、やや距離が離れます
h1 ~ h6 見出しタグ、数字が小さいほど文字が大きく表示されます。
全タグ自動改行
strong タグ内の文字をすべて太字にします。
CSSでも同じことが出来ますが、strongで囲んだ文字は
検索エンジンからの評価が高くなるといわれています。
img <img src="画像url"></img>のように記載することで
画像を表示させます。
サイズは「width」、「height」のプロパティに指定するか
CSSを利用します。
a <a href="URL"></a>のように記述することでテキストリンクが作成できます。
作成されたテキストは自動的に青文字になりアンダーラインが引かれますが、
CSSによって変更することが可能です。
hr 1pxの横線が表示されます。高さ幅や太さ、色は基本的にcssで変更します。
i iタグで囲われた文字をイタリック体にします
スポンサード
リンク
[ul][li] ulタグのなかにliタグを書いていくことでリストが作成できます。
」で番号付きリストとなります。
pre brタグなしでも改行やタブをそのまま表示できます。
small 小さめのフォントで表示します
map イメージマップの指定