HTMLタグをそのまま表示

 
記述方法

<html> ← のように記述したHTMLファイルはブラウザで開いた時点でタグであると認識されて
しまうためこのままではホームページにそのまま表示させることができません。

そこで「<」という文字に変換される特殊文字を利用します。
具体的には「&lt」←を半角で入力するとブラウザで開いた時「<」と表示されます。
しかもHTMLとしては認識されないのでこれを利用すればすべてのHTMLタグをそのまま表示できます。

ホームページなどで利用してみましょう。

また、タグではなく、改行やスペースなどテキストに記述した内容をそのままホームページとして
表示させたい場合には「<pre></pre>」タグで内容を囲むことでできます。
また、普通に「preタグ」の中にHTMLタグを書くとコードだと認識してしまうため、「<」は
「&lt」の半角入力を使用しないといけません。

これを使用する時は、メールの文章をそのままコピー貼り付けしたい時などに便利です。
普通ならコピー貼り付けをしても<br>などで改行を入れないといけませんからね。

ただ、内容によってはブラウザごとに見え方が大きく違う場合があるため、いくつかの
ブラウザで表示を確認するようにしてください。

また、preタグと同じように「<xmp> ~ </xmp>」で囲んだ内容もhtmlタグを無視して
表示してくれます。
preタグとの違いは「pre」が囲まれたすべての内容をそのまま表示させるのに対し、
「xmp」はHTMLだけを無視します。