webページをHTMLで作成

スポンサード リンク
 
HTMLでページを記述してみる

まずは基本的な手書きWEBページを作ってみます。
windows標準のメモ帳でもよくお使いのメモソフトでもいいので開き下記のようなコードを記載してください。

<html>
  <head>
    <title>テストページ</title>
  </head>
  <body>
    これがWEBページです。
  </body>
</html>

インデント(各行の初めにある空白)はキーボーボの「Tab」キーを使うのが一般的です。

作成したファイルの確認

次にちゃんとブラウザで表示されるかどうかを確認します。
そのために前項で作成したファイルを「test.html」という名前で保存してください。
testというのは任意ですが、「.html」という拡張子で保存することでブラウザ用のファイルとして認識されます。

保存ができたらファイルをダブルクリックして開いてみてください。
おそらく普段つかっているインターネットサイト閲覧のソフトが立ち上がって内容が表示されたと思います。

これを別のブラウザソフトで見たい場合は「test.html」を右クリックし
「プログラムを開く」→「既定のプログラムの選択」と進みます。
そこで使いたいブラウザソフトを選択すれば開けます。
そのときメモ帳を選択するとまた編集する事が可能になります。