WEBサイトを公開

スポンサード リンク
 
基礎知識

現在グーグルやヤフーなどの検索エンジンを通して様々なホームページを見る事が出来ますが、
そういったホームページはサーバーにHTMLなどで作られたWEBサイトが置かれているのです。

ここでいうサーバーというのはインターネットにつながれたパソコンのことで性能の違いを考えないなら
基本的に私達がホームページを閲覧するのに使っているパソコンと同じものです。

ただ大きな違いとしてインターネットにつながれた環境なら誰でも見れるようにしてあります。
これは特殊なアプリケーションを使っていて特定のファイルだけは自由に閲覧できる設定にしてあるのです。
このサーバーを使いホームページを公開する方法を紹介します。

レンタルサーバーを使用する

前項の解説どおりサーバーを立ち上げるには特殊なアプリケーションと各種設定が必要です。

これらは知識があれば無料で行うことも出来るのですが、技術と時間が必要になるため現在
WEBサイトを公開している人のほとんどがレンタルサーバーというすでにアプリケーションや
設定が行われているパソコンをお金を払ってレンタルするという手法をとっています。

このレンタルサーバーを利用する場合は、サービスを提供している会社と契約、入金後
ファイルを指定の場所へアップロードするだけでWEBサイトがインターネット上に公開されます。
契約、入金はしっかりしている会社なら簡単に手続きを行うことが出来ます。

自宅サーバーを立ち上げる

自分のパソコンをサーバーにするにはインターネットに繋がるIPアドレスがあれば他に必要なソフト
はWEBから無料でダウンロード出来ます。

ようはほとんどの人が自宅サーバーを作れるはずです。
実際に自宅サーバーを作る方法は別項で紹介します。