webにファイルをアップロード(FFFTPの使い方)

スポンサード リンク
 
FFFTPとは

主にレンタルサーバーを利用している時、作成したHTMLファイルなどをサーバーにアップロードしたい場合
に利用する無料ソフトの一つです。
レンタルサーバーには独自でFTP機能を提供している所もありますが、「FFFTP」の使い方を覚えれば
すべてのレンタルサーバーで利用できるし、簡単なので利用をおすすめします。

ダウンロード

FFFTPはインターネット上で無料公開されていてすぐにダウンロード出来ます。
こちら様よりダウンロードページで行き「.zip」版を選択し、ファイルを解凍したあと任意の場所においてください。
基本そのまま使えます。

webにファイルをアップロード

ここからはレンタルサーバーがないと行う事が出来ませんので注意してください。
インターネット上には無料のレンタルサーバーもあるので利用してみるのもいいかもしれません。
ただし無料はテスト的に使うだけでちゃんとしたホームページではおすすめしません。

制限が多いし安定しないし、いつサービス終了になってホームページが消えてしまうかわからないからです。
ではFFFTPを解凍したフォルダを開いて「FFFTP.exe」をダブルクリックして起動してください。
次に左上の「接続」「接続」と二回進み、「新規ホスト」をクリックします。
ここからは契約したレンタルサーバーからの情報をもとに入力します。

まず「ホストの設定名」は任意で決めます。複数のサーバーをもったときわかりやすいように意味のある
名前をつけておいたほうがいいでしょう。

次の「ホスト名」はレンタルサーバーのIPアドレスかドメイン名です。契約した会社からはおそらく
「ホスト名:***」の形で通知があると思います。次のユーザ名、パスワードも同様に契約会社からの通知のまま入力します。
そして一番したの「最後にアクセスしたフォルダを次回の初期フォルダとする」にチェックを入れ「OK」を押します。
これで設定の追加は完了です。

最後にファイルをアップロードしてみます。設定後に表示された「ホストの一覧」ウィンドウから先ほど任意に
記載したホスト名が表示されていると思いますので、それを左クリックで選択して「接続」ボタンを押します。

すると左と右に2分割されたウィンドウが表示されました。ここで左は自分のパソコンのローカルフォルダ、右は
先ほど設定したホスト(サーバー)のフォルダで上のアドレスバーが今どこのフォルダにいるかを示すパスに
なっています。

あとは左側のサーバに移動したいファイルを選択して「右クリック→アップロード」を行えば自由にファイルを
アップロードする事が出来ます。削除したいときは右側のファイルを選択して「右クリック→削除」を行えば
消すことが出来ます。